顔にできてしまったシミに悩む人の化粧品

8月の今の時期は紫外線が気になると思いますが、紫外線が原因による顔のシミに悩んでいる人も多いと思います。
顔のシミを消す方法としてはレーザー治療などがありますが、市販のシミ用化粧品で何とかしたいと考えている人もいるはずです。
そういった市販のシミ用化粧品で一番気になるのが「化粧品で本当にシミが消えるのかどうか」という部分だと思いますが、過度の期待は禁物です。
化粧品と薬は明確に区分されていて、化粧品は薬ではなくあくまでも化粧品だということです。
そのため広告などでも「シミが治る」などの表現は使えないようです。

では市販のシミ用化粧品が全く意味がないのかというと、個人的には試してみる価値はあると思っています。
シミをきれいさっぱり消すことは出来なくても、目立たなくするぐらいは期待できると思っています。
もしダメだったとしても「まあ、ダメだったな・・・」くらいで済みますし、処方箋などが無くても簡単に買えて気軽に試すことができるというのが市販のシミ用化粧品の利点だと思います。

ただ、ハイドロキノンという成分が入っている市販のシミ用化粧品を使うときには多少注意が必要になってきます。
ハイドロキノンは化粧品の中ではお肌への影響が強い成分で、場合によってはお肌の元の色が白く抜けてしまう「白斑」という症状が出てしまうこともあります。

注意点は、顔に本格的に使う前に腕や脚などの目立たない部分でパッチテストを行う、一か所に長期間使用しない、なるべく紫外線の弱い夜に使用する、使用期間中は日焼け止めなどを積極的に使って普段以上に紫外線対策を心がける、封を開けたらなるべく早めに使い切る(酸化による劣化を防ぐため)などがあります。

参考サイト:シミに効く化粧品

安全面の観点から日本製のカラコンを探している人

カラコンは韓国製や台湾製のものがほとんどなのですが、日本製のカラコンも存在します。
安全面の観点からどうしても日本製のカラコンがいいという人のために、日本製のカラコンについて書こうと思います。

まず「フォーリンアイズ」というメーカーに日本製のカラコンがあります。
フォーリンアイズのカラコンの種類は、ワンデータイプと1ヶ月交換タイプがあるのですが日本製なのは1か月タイプのみです。
今のところワンデータイプは全て台湾製だと思います。

フォーリンアイズの日本製カラコンには「フォーリンアイズプレミアム」という名前がついています。
「フォーリンアイズプレミアム」の使用期限は今書いたように1ヶ月交換タイプのみですが、カラーやサイズは色々種類があります。

カラーはブラウンやグレイ(グレー)など定番カラーはだいたいそろっています。
サイズは大きめサイズの「グランデ」と小さめサイズの「ミニシリーズ」があります。
「グランデ」はレンズ自体が大きめの14.5mmサイズで、「ミニシリーズ」はレンズは標準的な14mmですが着色直径が小さめになっています。
この着色直径が小さめのカラコンというのは他のメーカーにはあまりないので貴重だと思います。

そしてフォーリンアイズ以外のもう一つの日本製カラコンが「トラスティトラスティ」のカラコンです。
「トラスティトラスティ」はフォーリンアイズと同じ会社が運営するブランドで、フォーリンアイズの妹分的な存在です。

「トラスティトラスティ」の特徴としては値段が安いというところです。
種類は大きめレンズサイズ(14.5mm)の1ヶ月交換タイプが3種類だけなので、種類はフォーリンアイズの方が圧倒的に豊富です。

値段重視なら「トラスティトラスティ」、種類重視なら「フォーリンアイズ」という選び方がいいと思います。
どちらも度あり・度なしの両方があります。

もし、海外製のカラコンを買う場合には日本の厚生労働省から高度管理医療機器としての承認を受けたカラコンを買うようにしてください。
承認を受けたカラコンは箱などに「承認番号」というものが書かれているのですぐにわかります。

参考サイト:カラコン 日本製

テスト記事

 江口は過去に於て屡弁難攻撃の筆を弄した。その為に善くも悪くも、いろいろな誤解を受けているらしい。江口を快男児にするも善い誤解の一つだ。悪い誤解の一つは江口を粗笨漢扱いにしている。それらの誤解はいずれも江口の為に、払い去られなければならない。江口は快男児だとすれば、憂欝な快男児だ。粗笨漢だとすれば、余りに教養のある粗笨漢だ。僕は「新潮」の「人の印象」をこんなに長く書いた事はない。それが書く気になったのは、江口や江口の作品が僕等の仲間に比べると、一番歪んで見られているような気がしたからだ。こんな慌しい書き方をした文章でも、江口を正当に価値づける一助になれば、望外の仕合せだと思っている。

 自分はどうして、こうもあの川を愛するのか。あのどちらかと言えば、泥濁りのした大川のなま暖かい水に、限りないゆかしさを感じるのか。自分ながらも、少しく、その説明に苦しまずにはいられない。ただ、自分は、昔からあの水を見るごとに、なんとなく、涙を落したいような、言いがたい慰安と寂寥とを感じた。まったく、自分の住んでいる世界から遠ざかって、なつかしい思慕と追憶との国にはいるような心もちがした。この心もちのために、この慰安と寂寥とを味わいうるがために、自分は何よりも大川の水を愛するのである。
 銀灰色の靄と青い油のような川の水と、吐息のような、おぼつかない汽笛の音と、石炭船の鳶色の三角帆と、――すべてやみがたい哀愁をよび起すこれらの川のながめは、いかに自分の幼い心を、その岸に立つ楊柳の葉のごとく、おののかせたことであろう。

 所で私は前にも云つたやうに、今さう云ふ問題を辯じてゐる暇がない。
 が、強ひて何か云はなければならないとなると、職業として私は英語を教へてゐるから、そこに起る二重生活が不愉快で、しかもその不愉快を超越するのは全然物質的の問題だが、生憎それが現代の日本では当分解決されさうもない以上、永久に我々はこの不愉快な生存を続けて行く外はないと云ふ位な、甚平凡な事になつてしまひます。
 これでよかつたら、どうか諸家の解答の中へ加へて下さい。以上。